概 要 ママの教訓 一日の過ごし方 沿 革 役員名簿 評議員・役員の報酬等に関する規程 定 款
事業計画 事業報告 決算報告 現況報告 都ディスクロージャー 第三者サービス評価 モデル賃金 地 図
トップページ > 事業報告
令和三年度(2021年度)事業報告
社会福祉法人 愛児の家
1. 小規模化委員会による小規模化への展望
厚生労働省通知の「小規模化等の手引」を受けて、施設小規模化検討委員会による小規模化への展望を探る。令和4年度4月(2022年度)中野区立児童相談所への移管を受け、新たに4人定員のG・Hの研究を始めたい。

非常事態宣言、蔓延防止法、園内コロナ感染等により職員勤務が逼迫していた為、小規模化委員会はほとんど活動することが出来なかった。年度内に開催された委員会では建物面積等ハード面の調査にとどまった。
2. 令和2年度第三者評価結果の「さらなる改善が望まれる点」への取り組み。
@ 会議の進め方を工夫することにより、職員一人ひとりの意見が率直に出し合える機会を創出していく。
会議中相応しい議題時に、グループ討議の時間を設け実施された。
   
A 施設の情報をタイムリーに発信するためにも、ホームページ更新の時期やタイミングについて検討する。
9月会議にて検討済み。毎年9月更新。
3. 設備及び改修
 
@ 心理室(トイレ廊下を含む)の内装リフォーム工事。
職員会議にて検討し、染谷設計士に設計依頼、入札工事実施、7月に工事完了。工事費用2,528,700円)
   
A 病室1階2階のシャワー設置内装工事(新型コロナウイルス等感染症隔離措置に対応する為)。
職員会議にて検討し染谷設計士に設計依頼、入札工事実施、8月に工事完了。工事費用4,397,822円→コロナ対策環境改善費充当
   
B 車両買換え(ワンボックスカーノア赤・平成16年8月登録、現在17年目令和3年8月車検。
職員会議にて車種等を検討し、七月車両責任者を中心に購入実行、購入費用3,380,000円
   
C 不要になった天井扇の取り外し(ホール、食堂)。
早い時期に染谷設計士と相談し、専門業者への依頼施工、8月工事完了。その他雑工事と合わせ工事費用150,000円
   
D 非常通報装置取替え(部品交換保障期間20年、現在23年目)。
テルウェル東日本に確認したところまだ交換不要との返答があり未実施。
   
E 厨房鼠駆除工事(厨房勝手口地下隔壁設置) 。
染谷設計士と相談し、厨房勝手口外側地中に120cmのコンクリート壁を新設して鼠の侵入を防ぐ工事。8月工事完了。工事費用679,177円
   
F ホール庭側スチールサッシ取替え工事。
扉取替え、開き戸に交換。8月工事完了。工事費用1,523,361円
   
G 物干し場塗装。
8月工事完了。工事費用415,462円
4. その他
@ 2階廊下の冷暖房についての再検討。
職員会議にて検討、来年度工事予定だったが、予算の目処が立たず見送りとなっている。
   
A 小学生の通塾を含む児童の習い事についての再検討。
職員会議にて学習係を中心に検討したが、結論出ず来年度の懸案となる。
   
B 社会保険労務士の導入を検討し、年度内の契約を目指す。
事務関係職員で検討し、あけの星学園園長紹介の社会保険労務士の背戸柳氏と8月に年内顧問契約。顧問料月額16,500円。規定労務関係、定年問題等アドバイスを受ける。
5. 社会福祉充実計画の実施
 
社会福祉充実計画を令和3年度の計画通り、職員期末手当を0.5月分UPを維持して実施した。
   
前年度退職した職員分の補充が出来ず、職員の増員とはならなかった。
6. 改善委員会よりの運営改善に向けた提言
 
令和元年5月30日に立ち上げた愛児の家第三者委員会の報告(令和3年6月30日)を受けて、東京都育成支援課権利擁護係の聞き取り調査が9月末より計4回行われた。
11月12日に理事長・園長・主任が都庁に呼び出され、施設内虐待の認定を受ける。
その対応として愛児の家改善委員会を12月18日に立ち上げる。
構成委員は、杉並学園施設長麻生信也氏、弁護士福田耕治氏、元こもれび園園長永原まり子氏、こども教育宝仙大学教授守巧氏、鷺宮地区主任民生委員坂東ルツ子氏。
計三回の改善委員会により「運営改善に向けた提言」を頂く。
3月28日「運営改善に向けた提言」を都庁に報告提出。
   

社会福祉法人 愛児の家(児童養護施設)
〒165-0032 東京都中野区鷺宮3-2-13
TEL 03-3330-4493 FAX 03-3330-4467

Copyright (C) Aijino-Ie. All Rights Reserved.