概 要 ママの教訓 一日の過ごし方 沿 革 役員名簿 評議員・役員の報酬等に関する規程 定 款
事業計画 事業報告 決算報告 現況報告 都ディスクロージャー 第三者サービス評価 地 図
トップページ > 事業計画
事業計画

平成30年度 事業計画
養護理念
「子ども中心」 「家庭的養護」 「ゆとりのある生活」
運営方針
民主的運営をモットーとし、情報公開につとめ、昭和20年創立以来の歴史的蓄積の上にたって、地域に密着した、開かれた施設を目指す。
養護方針
一貫性のある家庭的処遇をモットーに、集団の利点を活用しながら、明るく豊かな生活環境の中で、児童の自立支援の視点に立って、健全育成をはかる。
職員による体罰及び懲戒権の乱用及び不適切な関わりを禁止し、児童の意見表明権を尊重する。
指導目標

 子どもの自立支援に向けて 
(子どもの自立性をそだてる)
 子どもの自主性の涵養の土壌は情緒安定にあり、その基盤は基本的生活習慣の確立にある。そのため、躾の徹底に全責任を持つ。できるだけ肌理こまかい処遇を実施するため、下記の各分野に分かれ、各々が独自性と創造性を発揮する。
  子どもの自主性を育てる側の心構えとして、自主性と放任の違いに留意し、まずもって、大人が自主的な人間であること。不言実行。身をもって模範を示すことが肝要である。

  *生活指導    *行事指導    *作業指導
  *クラブ・同好会活動    *反省会
事業計画
1. 小規模化委員会による小規模化への展望
 厚生労働省通知の「小規模化等の手引」を受けて、施設小規模化検討委員会による、小規模化への展望を探る。
2. 平成29年度第三者評価結果の「さらなる改善が望まれる点」への取組み
@ 施設の特徴や現状について、さらにわかりやすく地域社会に向けての情報発信。
A 職員が業務遂行しやすい事務室となるように、計画的に整備に向けての検討。
B 担当職員間の情報伝達方法の課題改善に向けての検討。
3. 性教育の実施
   昨年度実施した性教育についての職員園内研修から、児童の年齢別に性教育を実施。
4. 設備及び改修
 
@ 屋上鉄骨の塗り替え。
A 屋上トップコート塗り替え。
B 玄関物入れ改修。
C 洗濯室改修。
D 食堂非常階段下改修。
5. その他
@ 二階廊下の冷暖房についての検討。
A ホール床改修についての検討。
B 職員増員についての検討。
C 広報誌発行の検討。
D 児童の習い事についての検討。
E 冬のお出かけ(冬期おでかけ)の検討及び実施。
 

社会福祉法人 愛児の家(児童養護施設)
〒165-0032 東京都中野区鷺宮3-2-13
TEL 03-3330-4493 FAX 03-3330-4467

Copyright (C) Aijino-Ie. All Rights Reserved.